引越しの片付けどこから始めたらいい?荷造りの準備の進め方


「すぐに使わない物」から片付け始めよう

洋服や布団、食器や本など、引越しのときに必要になる梱包作業をどういった手順で進めていけば良いのか分からなくなることはありませんか?ダンボールに物を詰めるだけの簡単な作業でも、何も考えずにただ詰め込んでしまうと、すぐに使いたい物が取り出せないなど、後から困ることが多発します。簡単なようで意外と時間がかかるものなので、手順をマスターしてから片付けや荷造りを始めましょう。まず最初に荷造りするものは、「すぐに使わない物」です。アルバムや本・雑誌など、今すぐに必要としないものから片付けて荷造りをすすめていきます。そして、シーズンオフの洋服やバッグ、靴なども今着用しない物なので、ダンボールに詰めて梱包します。梱包が終わったら、必ずマジックペンで何が入っているかがわかるように品名を書き込みしておきます。

「すぐに使う物」を最後に荷造りしよう

今使わない物の荷造りが完了したら、次に片付けるのが新居でパッと取り出せる「すぐに使う物」です。どのような物かというと、ティッシュペーパーやトイレットペーパー、紙皿や紙コップなどが必要になるので最後に詰めます。新居を掃除するときに使うぞうきんやゴミ袋、エプロンや軍手などもすぐに使う機会が多いので荷造りしておきましょう。その他に筆記用具や洗面道具、着替えなども入れておくよいです。高価なアクセサリーや通帳、印鑑や現金などの貴重品類は手元から放さないように、必ずショルダーバッグやリュックなどに入れて自分で持ち運ぶようにしておくと安心です。

不用品の回収はお金を払ってごみを処分するだけではありません。使えるものがあれば買取をしてくれるサービスもあるのです。